医師と看護師

ココロの不調で自律神経失調症になったなら|復調の兆し

炎症によって起きる潰瘍

診察室

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜部分に炎症が起きてそれが潰瘍となる病気のことを言います。日頃できるケア方法としては、粘膜を刺激しないように消化の悪い食べ物には気を付け入院して回復を早めることも大事になります。

Read

自律神経の乱れ

困っている女性

病気の診断

自律神経失調症とは、自律神経のバランスが悪くなり様々な症状が起こる病気です。体の不調があるが思い当たる病気がないなどの場合には自律神経のバランスが悪くなり体に不調があることが考えられます。最初は、気づかない方が多く多数の医療機関を受診することも少なくありません。検査をしても異常がなく自律神経失調症と診断されることも多いです。近年のストレス社会がもたらすストレスが原因のことが多いです。また、更年期などでホルモンのバランスが崩れた時にも起こります。自律神経失調症からうつ病などの他の病気になることもあるので注意が必要です。少しの体の不調や気分的な変化に敏感になり受診することをお勧めします。復調の兆しが見えてきます。

症状

自律神経失調症の症状は、人により様々です。気分の落ち込みがひどく1日中何もできないことがある、不眠症になり夜眠れない、食欲が落ちたり過食になったりする、誰かに見られているような現象がしたり人が自分のことを言っているような被害妄想がする、頭痛に吐き気、めまい、便秘や下痢などの辛い体の症状を繰り返すなど多数の症状が出ます。治療しないと悪化し最悪の場合には自分の存在を否定するようになります。自律神経失調症は、治療に処方される薬があります。神経を落ち着かせるために薬の使用や環境を変えることをお勧めします。治療をすると完治する病気です。自律神経失調症は、少しずつ家族の協力を得ながら治療をしていきましょう。

最も患者が多いがんとは

カルテ

肺がんは肺の細胞が異常を起こして発生するもので、喫煙・受動喫煙が大きく影響することが分かっています。呼吸だけでなく、転移によって全身に症状が出る肺がんは、最新の遺伝子検査によって的確な投薬治療を行うことが必要です。

Read

回復への近道とは

腰を抑えている男性

腰痛は今やほとんどの人が経験する現代病となっています。これらを予防する、あるいは症状を緩和するためには、スポーツジムなどで筋力をつけるトレーニングを行ったり、自分の腰痛の状況に応じて、マッサージや整骨院などで適切なケアを受けることが大切です。千葉県行徳市にも色々な機関があり多くの人が利用しています。

Read